思考の裏側

ポケモン云々

【SMs2使用構築】半熟受けサイクル【最高/最終2217・3位】

tnなごし、silent hillで潜っていました

f:id:nagoshi3:20170320154324p:plain

コンセプト

シャンデラを左上に置く

定数ダメージを絡めたサイクルで相手を詰ませるの2点。

 

【使用個体】

f:id:nagoshi3:20160913100838g:plain

シャンデラ

性格:控えめ

持ち物:気合いの襷

特性:すり抜け

努力値:CS252h4

技構成:大文字/シャドーボールエナジーボール/目覚めるパワー(氷)

可愛い。ゴーリ軸は絶対ゴーリを選出してくるので後述のゲンガーと合わせて投げる事で勝ちやすくなっている。そもそもシャンデラ以外がゴーリに基本勝てない。不意の草技はスナイプ

 

f:id:nagoshi3:20170320152903g:plain

ゲンガー

性格:臆病

持ち物:ゲンガナイト

特性:呪われボディ→影踏み

努力値:HS252d4

技構成:祟目/ヘドロ爆弾/鬼火/挑発

一般的な鬼祟ゲンガー。面倒な補助技持ちを咎められる挑発はなかなか使い勝手が良かった。鬼火自体はダメージ減少もありあまり強い技に感じなかったので別の構成を考えるべきだった。

 

f:id:nagoshi3:20161023233551g:plain

グライオン

性格:陽気

持ち物:毒々玉

特性:ポイズンヒール

努力値:H228S204残りd

技構成:守る/身代わり/毒々/地震

パーティの軸。毒守のハメ性能はピカイチで対策の甘いパーティを簡単に崩せる優秀なポケモンだった。身代わりを連打しても壊れ特性のおかげで体力がさほど減らないので積極的に押すことが多かった。

 

f:id:nagoshi3:20161023233633g:plain

ゲッコウガ

性格:やんちゃ

持ち物:拘りスカーフ

特性:変幻自在

努力値:AS252c4

技構成:滝登り/ダストシュート/冷凍ビーム/岩雪崩

パーティの軸その2。技構成は極力運勝ちを狙えるように組んだ。リザに対する誤魔化しの雪崩は幾つもの怯み勝ちをした優秀な技だった。選出率がほぼ100%なので蛙が技を当てるかどうかが勝敗を大きく左右していた。

 

f:id:nagoshi3:20170320153002g:plain

ハピナス

性格:図太い

持ち物:綺麗な抜け殻

特性:自然回復

努力値:BD252h4

技構成:10万ボルト/ステルスロック/卵産み/地球投げ

ステロ撒きとして読まれにくいこのポケモンが強いと考え採用。実際はボーマンダやリザxに後出しから軽く起点にされてしまうのが弱かった。ゲンガーに強い駒が見つからなかったので最後まで使い続けたがここを改善すればもう少し戦いやすいパーティになったと思う。

 

f:id:nagoshi3:20170320153302g:plain

テッカグヤ

性格:呑気

持ち物:食べ残し

特性:ビーストブースト

努力値:HB252d4

技構成:宿り木の種/守る/火炎放射/ヘビーボンバー

物理を誤魔化す枠。炎ポケモンや炎技持ちのポケモンが多く動かし辛かったが有利対面からの宿り木展開が非常に強力で終始頼る場面が多かった。技範囲が非常に広くカスタマイズ性能の高い良いポケモン。ただ高速回復技がなく回復ソースが宿り木や食べ残し依存なのでHP管理がシビアだった。

 

 

 

今季はグライオンゲッコウガが強いと思いこの2匹から組み始め、使い慣れたシャンデラと使ってみたかったゲンガーを入れた。この4匹だとサイクルする上で耐久が心許ないので特殊受けハピナス物理受けテッカグヤを入れパーティが完成。

グライオンに拘りすぎて終盤増えつつあったグロス軸に対応しきれなかったので環境の変化に合わせてパーティを少しいじれる余裕と発想が乏しかったところが反省点だった。

受けと攻めの両要素があるので自分の好きな攻めるサイクルが出来て使ってて楽しいパーティでした。

 

【総評】

oras時代から自身の最高レート更新、7世代初の2200、2rom2200、2200から1勝と初めて達成したことだらけでとても充実したシーズンとなりました。来期以降も頑張ろうとモチベーションも湧いてとても楽しくポケモンができたシーズン2でした。

f:id:nagoshi3:20170321053853j:image

最高レート時の写真

 f:id:nagoshi3:20170321131049j:image

3位 Silent Hill 最高2217 424戦267勝157敗

5位 なごし 最高2213 506戦317勝189敗

 

 

 

 

 

 

質問などはコメントかTwitter(@dendemiha)まで気軽にどうぞ