読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の裏側

ポケモン云々

対人戦

人によって場面場面で考えが違っていたり、与えられた時間の中で不味い行動を見落としていたり。

ゲーム画面の奥にいるのはあくまで人間である以上取られうる可能性のある行動は全て考慮しながらこちらの最善手を考えるのが難しくて面白い。

よっぽど相手が気に入らなければSNSで大きく主張しお友達から慰めてもらうのは結構な事だと思います。そういう場ですし

 

 

 

一手毎に正解がないのが対人戦の醍醐味でもあり苦しいものだと日々思いますね。

 

(・.・*)

 

ロップvs〇〇対面

oras環境で使い続けてきたミミロップの動かし方とその時の思考について解説。

 

【簡易紹介】

f:id:nagoshi3:20160913101448g:plain

メガミミロップ 

特性 肝っ玉

種族値 65-136-94-54-96-135

高い素早さとその特性を生かしタイプ受けの誤魔化しを効き辛くする。特に6世代環境トップのガルーラ、ゲンガーの2大メガポケモンに大きく有利が取れる。反面火力が低く数値受けに特化したポケモンにはめっぽう弱い。上記の説明が簡単なミミロップの特徴。

 

【立ち回り】

先発に繰り出し猫騙しを打つまでが初手のテンプレートな動き方。シーズン15までの思考ではとにかく釣り出すことに命をかけていた。シーズン16以降は初手で試合を決めに行く行動は脆く安定しないことに気付き最低限の保証が効く立ち回りを優先するようにしていた。

飛び膝蹴りという技は非常に強力だが外した時のリスクを考えると多様は避けたいと考え、恩返しの方をメインで使う事を心掛けていた。

取り巻きとして裏にステルスロック持ちのポケモン、交代技を持ったポケモンを置いてサイクルしながら消耗させたところにロップを通す動きを中心としていた。

対面性能の高さはもちろん、多少の受けだしが効く耐久も持ち合わせているので対面、サイクルの双方の動きができる。特にs135は環境においてスカーフや先制技持ち、s上昇の積み技持ち以外で抜かれる事がほぼないのでhpを1でも残していれば仕事をこなせるのでかなり雑に扱う展開の仕方も多かった。

 

なんて感じでここまでは今考えた建前です。

【〇〇対面行動】

ここからが本題。

環境に多くいた並びやそのポケモンの前で取っていた行動とその理由について。

兎の取り巻きはこの5体

f:id:nagoshi3:20161101203507p:plainf:id:nagoshi3:20161101203713p:plainf:id:nagoshi3:20161101203516p:plainf:id:nagoshi3:20161101203619p:plainf:id:nagoshi3:20161101203725p:plain

兎の技構成は 恩返し 飛び膝蹴り 身代わり 猫騙し とする

 

vsガルクレセf:id:nagoshi3:20161118003602p:plainf:id:nagoshi3:20161118003638p:plain

兎ガル対面はシーズン15まではサザンバックの動きを基本としていた。この対面はほぼクレセリアが飛んでくるのでそこにサザンを合わせれば勝ちに大きく近づけると当時は考えていた。しかし、この動きはガルーラが突っ張らないのを前提とした動きなので様子見の猫などから入られた場合そのままこちらが形勢不利になってしまうのでかなり弱い動き方だということに気づきシーズン16以降はエアームドバックを基本としていた。この動きはクレセリアバック、ガルーラ突っ張りの双方の動きに対応ができるのでこれが一番最適解だと思います。ガルーラが突っ張ってくるという直感を信じてたまに猫膝を打つ動きもあったが基本はエアームド引きからのステルスロックを巻く展開の方が強かった。たまーーーーに兎ガル対面グロウパンチとか大文字が飛んでくるのですがその時はdsに飛び膝蹴りかまして降参しましょう。

 

次に兎クレセ対面は釣ってくる不届き者が多いので膝を打ちます。ガルーラが4にます。この動きもシーズン15で弱さに気づいたのでやめました。クレセリアが瞑想型ではない限りエアームドというポケモンはまず負けないのでクレセリアにはエアームドあと投げが正解です。サザンを投げると電磁波麻痺で永遠に動けないのでオススメしません。どうしてもサザンを通したいのならガル対面で釣りましょう。

 

vsゲンガーf:id:nagoshi3:20161118003652p:plain

対面では99%猫騙しを打っていた。気分で猫以外の行動をすると兎が4ぬので自分はしません。猫を必ず打つ理由としては突っ張られた場合のリスク回避とガルゲン相手のときここでメガゲンガーであるのが分かればガルーラの線が切れて裏のマリルリの腹太鼓を通す動きにシフトチェンジできるため。

兎に対して気合い玉しか有効打がないゲンガーを相手にした時身代わりの存在が光る。あと鬼火とか催眠とか状態異常空かしに便利。

 

vsボルトロスf:id:nagoshi3:20161118003720p:plain

ボルトロスのタイプは電気・飛行。なんと格闘が抜群なので膝を打ちましょう。飛行に格闘は半減?いやガルーラに格闘は抜群でしょう、そういうことです。

真面目な話をすると兎ボルト対面で電磁波を打たれた試合は前期だと100試合くらいで片手で数えるほどしかなかった。裏にヒトムの存在があるのでそういう動きを取られやすいのはこちらも承知していたので飛び膝蹴りが打ちやすい環境に感謝しながら膝連打。ここでボルト側は釣りか電磁波以外の行動だと悪巧み、10万ボルト、気合い玉などがあり特に悪巧みされまくるのに怒りボルトに膝を打つ機械に進化していった。文句はボルトに言ってください。

 

vsスイクンf:id:nagoshi3:20161118003727p:plain

猫膝打って熱湯で焼けたら降参しましょう。猫膝から入る理由は裏のロトムの攻撃圏内に入れるため。前述でもある通りミミロップはhpが残ってさえいれば仕事ができるのでこの動き。3割にビビってたら何もできません。何のためのラムマリルリだよって思われるかもしれないが交代際に焼かれたら元も子もないのでよっぽど余裕がない時以外はマリルリで対応しに行く必要はないと思いこれを最適解としていた。たまにスイクンすら釣り道具にする人いるのですが裏に圧力をかけれる技がありながらそういう選択をする理由が自分にはわかりません。

 

vsバシャーモf:id:nagoshi3:20161118003734p:plain

マリルリに引きます。たまに守る読み身代わりするくらい。

 

vsマリルリf:id:nagoshi3:20161101203516p:plain

エアームドに引きます。嘘です身代わり貼ります何故かみんなエアームドに強い駒に引いてきます。

 

vsガブリアスf:id:nagoshi3:20161118003742p:plain

ミミロップが冷凍パンチを採用していない型でありスカーフガブリアスの存在も無視できないため基本はエアームドバックを中心とした動きを取っていた。しかし、シーズン16あたりに増えたスカーフステロガブが兎対面でもお構い無しにステロを巻いてくるのに腹が立ち即決膝打ちリストの1匹に加わりましたおめでとう。実際スカーフ地震からの鮫肌ダメージ1回なら耐えれたりするので動きとしては悪くないです多分。

 

ysファイアローf:id:nagoshi3:20161118003749p:plain

アタッカーなら対面から猫恩返し。打つ余裕がある時は基本この動き。なんてする勇気がないので8割型ヒトムバックしてますほんとです。ファイアロー使いは恐らく飛行先制の仕様が7世代で変わることを知っていたかのように兎にブレバを打ってきません。ゴツメとかラム持ちはさっさとロトムに引いてトリックを打ちに行きます。

 

vsガルカバ、カバゲンf:id:nagoshi3:20161118003758p:plain+f:id:nagoshi3:20161118003807p:plainf:id:nagoshi3:20161118003811p:plain

何しても勝てないので膝連打しましょう。希にカバすら釣り道具にする奇特な人を穀害できすま。真面目に勝ち筋を探すならやはりガル兎対面でエアームドに引いて展開しましょう。カバゲンだけは何やっても無理。

 

vsクチートf:id:nagoshi3:20161118003817p:plain

じゃれが怖いのでムドーに引きます、剣舞か叩きが飛んできます。叩きが怖いから膝打ちます、じゃれが飛んできます。あうあうあー

 

vsルカリオf:id:nagoshi3:20161101203702p:plain

ルカリオ軸相手にロップを出すことがないのですが出した時は基本膝打ちます。

 

vsボーマンダf:id:nagoshi3:20161118003834p:plain

猫打ってムドーに引きます。物理ならそのまま流せて特殊なら基本ハイパーボイスから入ってくるので猫→ムドー引き→ヒトム引きの動き。

 

vsゲッコウガf:id:nagoshi3:20161118003841p:plain

猫恩返しを打つと3割はそのまま4んでいきます。

 

vsギルガルドf:id:nagoshi3:20161118003856p:plain

かなり厄介で襷を持ってるかどうかで対応が変わる。基本身代わりから膝の動きだがここばかりは直感で技を打ち分けていた。2連キングシールドやめてね。

 

 

vsその他諸々

膝を打ちましょう。命中90の技は当たると命中が100なのでとにかく臆することなくどんどん打ちましょう。外したら運負け主張してスッキリ。

 

飽きたのでそのうち真面目に追記します

 

 

一番伝えたいのはボルト、ゲンガー対面やらガルクレセなどに対する動き。一応ここまで考えた上で動かしていたとかはこれで伝われば幸いです。

 

 

 

 

 私のプレイングについて独特だとかヤンキーとか沼とかいう評価をたまに聞くのですが、そう仰る方、思考読まれてますよ?

 

まごうことなきガイジなので文句はないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

6世代振り返り

【XY】

s1〜s3 最高1800ちょい

f:id:nagoshi3:20161101203507p:plainf:id:nagoshi3:20161101203516p:plainf:id:nagoshi3:20161101203540p:plain

どんなパーティを使っていたかは覚えていないがこの3体を入れていたのだけは覚えている。3シーズン通じて最高1800くらい。この頃はまだエンジョイしていた気もする。

s4〜s6 記録なし

リアルファイトの為休止

【ORAS】

s7〜s8 記録なし

引き続きリアルファイトの為休止

s9〜s10 最高1800ちょい

f:id:nagoshi3:20161101203507p:plainf:id:nagoshi3:20161101203516p:plainf:id:nagoshi3:20161101203619p:plain

あまり記憶がないがこの3体はやっぱり入っていた。ローブシンやらオノノクスも使っていた気がする。この期間も最高1800ちょいくらい。

s11 最高1984 最終1800くらい

f:id:nagoshi3:20161101203507p:plainf:id:nagoshi3:20161101203702p:plainf:id:nagoshi3:20161101203713p:plainf:id:nagoshi3:20161101203516p:plainf:id:nagoshi3:20161101203725p:plainf:id:nagoshi3:20161101203619p:plain

転機のシーズン。これまでマイナー思考がどうにも抜けず600属などに対するアレルギーがあったが本気で勝ちを目指す為初めてサザンドラを育成。目標であった2000手前までいって満足していた。唯一のメガにも関わらずルカリオの選出率は1割程度しかなかった。

 

s12〜s虚無までずっとこの並び

f:id:nagoshi3:20161101203507p:plainf:id:nagoshi3:20161101203713p:plainf:id:nagoshi3:20161101203516p:plainf:id:nagoshi3:20161101203759p:plainf:id:nagoshi3:20161101203619p:plainf:id:nagoshi3:20161101203725p:plain

s12 最高2097 最終2005

ミミロップ軸の新しいパーティを作るもあまりに弱く数十戦で解散した。そこから特に新しい構築が思いつかずにs11のパーティのルカリオの所にミミロップを入れて回してみると上手い具合に噛み合った。ここから後の全シーズンこの6体で戦い抜くことになるとは自分でも想像していなかった。

s13 最高2058 最終1800くらい

1番不甲斐ないシーズン。パーティの回し方も分かってきて2000までは簡単に行けたがそこから1度転落しただけで不貞腐れそのシーズンを捨て別ゲーに逃げた。

s14 最高2128 最終2128

前期の反省を活かし1度崩れても諦めず試合をこなし続けた。2100を達成したあとも普通に潜り続け疲れた所で終了。この時2100帯でも戦える自信がつきこのパーティで2200を目指せると感じて次シーズンも引き続き使う事を決めた。

s15 最高2192 最終1830くらい

勝ち方が分かるようになってレートが途中まですらすら伸びたシーズン。初めての2200チャレンジは自分の選出を信じきれずに負けそこから崩れた。このシーズンに改めて自分のメンタルの弱さを感じた。

ここらの時期に諸事情でTwitterアカウントを作成した(まともに動かす気はなかった)。身代わりミミロップを使っているという情報だけでTNばれした時は心底驚いた。もとより隠す意思もあまりなかったが。このあたりでゆうめいつよしゃの方々にフォローされるようになって困惑していた。

s16 最高2174 最終2050

このシーズンに精神安定剤代わりのサブロムを導入した。比較的早くに2ロムとも2100を達成したあたりで伸び悩み最終日は2100後半まで行くも良くない負けが続いてそのままフェードアウト。

s17 最高2201 最終2201

oras最終シーズンだけあってモチベーションは高かったが序盤から全く勝てずに自信を無くしていた。めげずに何とか2100に到達し最終日を迎えることができ、2200を決めた試合では選出が纏まらず適当に投げたシャンデラが上手く刺さって勝つことができた。この時ばかりは本当に嬉しかった。

s虚無 最高2106 最終2106

全くモチベーションがなく目に付いた放送を見ながらスナイプしまくっていた。そのおかげか普通に潜っていた時に当たっただけでスナイプ認定されたりして面白かった。最終日になんとか2100まで持って行き力尽きた。

 

【まとめ】

振り返ると中の中くらいの位置で戦えてるような気はしたので7世代では中の上くらいの位置で安定できるよう頑張りたいです。

 

 

勿論シャンデラとね

f:id:nagoshi3:20161101203958g:plain so cute !!!

 

 

 

 

 

【22杯使用構築】毒穀スタン

22杯及び今季レートで使ってたパーティを簡単に紹介

f:id:nagoshi3:20161024204916p:plain

 

コンセプト

1.毒持ちのポケモンを絡めたサイクルで相手を崩す。

2.積み技を持たせてメガポケモンの高火力を更に引き上げ相手を崩す

 

 

 【使用個体】

 

f:id:nagoshi3:20160913100838g:plain

シャンデラ 襷 控えめcsぶっぱ 

シャド 文字 エナ 目座氷

いつもの襷シャンデラ。文字をよく外すし無難に弱かった。

 

f:id:nagoshi3:20161023233501g:plain

ポリゴン26 奇跡 図太いh252b200残りd 

再生 トライ 10万 毒

誰にでも起点にされるので弱かった。毒穀をコンセプトにパーティを組んだので一応毒を採用したが使用機会はかなり少なかった。技構成に悩んだまま実践投入したので役割が最後まで謎だったが選出が一番多かった謎。

 

 

f:id:nagoshi3:20161023233551g:plain

グライオン毒玉 陽気h252s188残りb 

地震 毒 守る 身代わり

hに振り切ったら身代わり守るでHPが完全回復しないのを知らずに使っていた。詰ませ性能が高く1:3からでも逆転したり非常に強かった。sは取りあえず最速FCロトム抜きまで確保。こんな適当な調整でも本当に強かった。

 

 

f:id:nagoshi3:20161023233633g:plain

ゲッコウガ珠 無邪気asぶっぱ 

桁 ゴミ レイビ 手裏剣 影内 悪波 神通力 言わな誰 草結び

上記の技をとっかえひっかえしていたが改造してこれらの技を全部覚えたゲッコウガを使うか非常に迷った。辛いポケモンの誤魔化し枠として入れ主に先発起用で場荒らしに徹した。

 

f:id:nagoshi3:20161023233649g:plain

サーナイト 石 臆病csぶっぱ 

ハイボ ショック 気合(シャトボ) 名僧

最速瞑想サーナイト。初手から積極的に出し瞑想を積むと簡単に勝てる試合が多く強かった。ガル対面は基本突っ張って気合玉を打ち抜いていた

 

f:id:nagoshi3:20161023233710g:plain

バシャーモ 石 意地asぶっぱ 

膝 叩き 剣舞 守る

フレドラがあると思い込んで降参してくる人が多かったので強かった。ガル対面は必ず守るから入って展開した。殴っても守っても勝手にsが上がっていくのは使ってみても性能が他の格闘を凌駕してると感じた。

 

 

【乾燥】

レート自体は2000越えたので弱くはない構築だったが一つの欠陥がガルクレセの並びを意識しすぎガル以外のメガが非常に重くなってしまったのが弱かった(特にゲンガー)。

f:id:nagoshi3:20161024005311j:plain

↑+1勝分くらいが最高レート

s17でぎりぎり2200を達成し強い人たちと戦える催しに参加できて楽しかったです。結果自体は2-5と振るいませんでしたがモチベーションの向上には繋がったので7世代でもこういった企画に参加できるようがんばりまし。

好きなポケモンで戦うことについて

(※自分語り記事です)

好きなポケモンで勝ちたいなんて甘え、勝つには強いポケモンを使え。

某動画サイトなどを見てるとこの手のコメントがよく目に付く。勝つ努力をした上でこの手の感想を残すならいいと思うがどうにもそういう風には見えず、ガルーラが壊れだのゲンガーはおかしいだの文句しか言っていないように見える。

性能が飛び抜けたキャラはどんな対人ゲームにおいても存在するもの。他のキャラクターが劣っているかと言われるとポケモンに関してはそうではないと言える。キャラの一つ一つに個性があり飛び抜けた存在に劣るものの全く張り合えないという事はない。

私は好きなポケモンであるシャンデラマリルリロトムを必ずパーティに入れて対戦している。この3体に関してだけは5世代から使い続けてきた。(この頃はフリー対戦のみ行っていた)

6世代になってもこのポケモンらで戦っていくという気持ちは衰えずいつしか上位を目指してみたいと思うようになってきた。最初から上手くいくわけもなく試行錯誤しながらそれぞれの型、相性の良い残りの3体のポケモンを探しながらパーティ作りに明け暮れていた。

最終的に作り上げたパーティを6シーズン(約5000試合)使い続けてきた結果ついにレート2200という大台に好きなポケモン達をパーティに入れて達成する事ができた。(もっぱら上記にあげた3体は元から環境でこの先生き残れる能力を持ち合わせていたというのもあるが...)

言い訳する前にとにかく考える。1シーズン使ってダメだったら無理と諦めず長期間使い続ける。勝てない理由をポケモンのせいにするのは言語道断。

あくまでゲームは娯楽。楽しみ方は人それぞれ。つまらないの一言で終わらせてしまうには勿体ない。その中で6世代最後の2ヵ月は好きなポケモンで戦ってみてはどうでしょう

 

f:id:nagoshi3:20160918201935g:plainf:id:nagoshi3:20160918202021g:plainf:id:nagoshi3:20160918202508g:plainf:id:nagoshi3:20160918202832g:plainf:id:nagoshi3:20160918202515g:plainf:id:nagoshi3:20160918202908g:plain

kawaii :)

【s17使用構築】対面貧弱スタン【最高/最終2201】

 

TNなごし、しらすでレートに潜っていました

s17で使用していた構築を紹介します

f:id:nagoshi3:20161007225410p:plain

パーティのコンセプトは準伝説は使わない

シャンデラを左上に置くの2点のみ

【使用個体】

 

f:id:nagoshi3:20160913100838g:plain

シャンデラ

性格:控えめ

持ち物:気合の襷

特性:すり抜け

努力値:CS252H4

技構成:大文字/シャドーボールエナジーボール/目覚めるパワー(氷)

嫁枠。メガ枠を消費せず高火力の押し付けができる。最低限の行動保証が欲しいので襷。エフェクトがかっこいいから大文字を採用、この枠は確実に火炎放射で良い。文字外しは運負け

f:id:nagoshi3:20160913101354g:plain

サザンドラ

性格:控えめ
持ち物:命の珠
特性:浮遊
努力値:CS252D4
技構成:流星群/悪の波動/身代わり/大地の力

悪・ドラゴンで等倍以上を取れる範囲が優秀で拘らせるのはもったいないと感じたので命の珠。クレセのついでにお友達のドランも見れるように大地の力を採用した

f:id:nagoshi3:20160913101425g:plain

マリルリ

性格:陽気
持ち物:ラムの実
特性:力持ち
努力値:AS252D4
技構成:じゃれつく/アクアジェット/腹太鼓/叩き落とす

特に理由はないが面白そうだったので最速で使用。場持ちより状態異常による機能停止を嫌ってラム。太鼓後のじゃれ外しは勘弁。

f:id:nagoshi3:20160913101448g:plain

ミミロップ

性格:陽気
持ち物:メガ石
特性:柔軟→肝っ玉
努力値:AS252H4
技構成:飛び膝蹴り/恩返し/身代わり/猫騙

絶妙に火力の足りない兎。余った技スペースはとりあえず身代わりを入れとけ理論。ミミロップを使う上で気をつけていたのは飛び膝蹴りを多様せずに詰めること。

f:id:nagoshi3:20160913101508g:plain

ヒートロトム

性格:控えめ
持ち物:拘りスカーフ
特性:浮遊
努力値:CS252H4
技構成:ボルトチェンジ/目覚めるパワー(氷)/オーバーヒート/トリック

このパーティのエース。スカーフが良く似合っている。トリックで起点を作ったりボルトチェンジでサイクルを回したり器用に動き回ってくれた

f:id:nagoshi3:20160913101536g:plain

エアームド

性格:腕白
持ち物:ゴツゴツメット
特性:頑丈
努力値:HB252S4
技構成:羽休め/毒々/ステルスロック/吠える

受け主体のポケモンに攻撃技はいらないと思いこの技構成。サイクル戦を行う上でステルスロックという技は非常に重宝した。攻撃技採用しないならA下降補正をかけるべきだった。

 

【立ち回り】

このパーティはミミロトムドーでサイクルを回したりシャンデラサザンドラのような対面から圧力をかけていけるポケモンがいたりマリルリのような積みポケモンがいたり一つのパーティでサイクル、積み、対面の3要素を中途半端に取り入れている。

特に有利不利のはっきりしたポケモン達を採用しているので相手の行動誘導をしやすいのが強み。例えばミミロップボルトロスが対面していた場合ボルトロスの苦手なヒートロトムに引くのがこちらの安定、相手は当然それを読んでヒートロトムに強いポケモンに釣り交換を仕掛けてきやすいのでミミロップで居座り出てくるポケモンを読んだ行動をする。一見リスキーに見える行動もその誘導が大体成功しているのでこちら側からしたら安定行動となる。

ヒトムドーの並びで上手く有利対面を作りステルスロックを撒く展開を大事にした。ステロサイクルで相手をじわじわ削り裏のポケモンたちの足りない火力を補うことができる。ステロは裏の消耗を嫌う相手の交換も抑制できるのでサイクル戦を行う上で非常に重要な技だと感じた。

 

【成績と感想】

このパーティはs12のときに組みそれからs17になるまでの6シーズンに渡り使い続けてきた。

各シーズンの最高レートはs12 2097 s13 2058 s14 2128 s15 2192 s16 2174 s17 2201 となっている。

今シーズンはoras最終シーズンということで絶対に2200に到達するという思いで臨んだのでこの結果には非常に満足している

2200を決めてくれたシャンデラや6シーズン戦い抜いてくれた最高のパーティに感謝

f:id:nagoshi3:20160913134834j:image

 f:id:nagoshi3:20160913134851j:image

 s17 TNなごし 428勝329敗 レート2201 43位

        TNしらす 309勝222敗 レート2196 50位

 

最後に対戦してくださった皆様本当にありがとうございました

またサンムーンのレートでお会いしましょう

 

質問などがありましたらコメントかtwitter(@dendemiha)まで気軽にどうぞ